県民の皆さまへ

難病相談室

医療費負担を軽減する制度

特定疾患治療研究事業

 特定疾患治療研究事業は、難病患者の医療費の助成制度です。保険診療では治療費の自己負担分は3割相当(サラリーマンは3割)ですが、その自己負担分の一部を国と都道府県が公費負担として助成しています。現在は、330疾患がこの制度の対象です。また、愛知県と名古屋市では独自に疾患を追加して認定しています。
 疾患毎に認定基準があり、主治医の診断に基づき県に申請し認定されると、「特定医療受給者証」が交付されます。
 なお、制度の概要、申請方法等、詳しくは難病相談室【(052)241-4144】若しくは最寄りの保健所にご相談下さい。

特定疾患治療研究事業医療費公費負担対象疾患一覧表

 

小児慢性特定疾患治療研究事業

子どもさんの慢性特定疾患の医療費負担を軽減する制度があります

~小児慢性特定疾患治療研究事業~

 「小児慢性特定疾患治療研究事業」では、小児期における小児がん、慢性腎炎等の特定な疾患の治療が、長期間にわたり医療費の負担も高額となることから、その治療の確立と普及を図るとともに、患者家庭の負担軽減のため、医療費の自己負担分の一部を補助しています。

◇対象者

 18歳未満で、この事業の対象となる疾患に罹っている方(18歳到達時にこの事業を利用しており、かつ、引き続き治療が必要と認められる場合には20歳まで対象となります。)※申込みができるのは、18歳未満の方です。

◇対象疾患

 厚生労働大臣が定める疾患で、一定の認定基準があります。

  14疾患群722疾病

  ①悪性新生物 ②慢性腎疾患 ③慢性呼吸器疾患 ④慢性心疾患 ⑤内分泌疾患 ⑥膠原病 

  ⑦糖尿病 ⑧先天性代謝異常 ⑨血友病等血液・免疫疾患 ⑩神経・筋疾患 ⑪慢性消化器疾患

 (詳しくは厚生労働省のホームページをご覧いただくか、お住まいの地域の保健所にお尋ねください。)

 ※厚生労働省ホームページ(http://u0u0.net/IXEd)

 

◇申請

 患者さんの保護者から、患者さんのお住まいの地域を管轄する保健所に申請してください。必要書類は、申請する保健所でご確認ください。

◇連絡先

 お住まいの地域の県保健所 及び

 名古屋市子育て支援課母子保健係 (052)972-2629 

 豊橋市保健所母子保健センター (0532)51-2375

 岡崎市保健所健康増進課母子保健班 (0564)23-6084

 豊田市子ども部子ども家庭課母子保健担当 (0565)34-6636

 愛知県健康福祉部児童家庭課母子保健グループ (052)954-6283

ページの先頭へ